育毛を始めたくなったきっかけは歯磨き中の鏡に映る自分を見てから。

育毛を始めたくなったきっかけは、歯磨き中に鏡に映る自分の頭を見たからです。
毎日の歯磨きで毎回自分の頭が見えるわけですが、見慣れているにもかかわらず、薄い部分があると感じることがあります。
基本的に正面の自分の顔が写っているわけですが、このまま進行すればM字になっていくのではないかとの恐怖を感じるようになりました。
男性の薄毛のなり方はM字以外にも、前頭部や頭頂部が薄くなってきます。

自分のやや感じるM字を見ていると落ち込むので、周囲の正常に生えている毛をM字に被せるように寄せ集めると目立たなくなります。
しかしこれでは根本的な解決ではなく、その場しのぎでしかありません。
有名人でもM字になっている人を見かけますが、どうせならあのようにきれいなM字になるならなれば良いとも思ってしまいます。
もっと進行したら短髪にしていけば、洗髪するのも楽だと思っていますが、それでも薄くなっていくのは悔しいことでしかありません。
だから可能な限り対抗していくのが良いといえるでしょう。
友人に頭頂部が薄くなってきている者がいますが、薄くなった毛用の頭皮に良いシャンプーなどを使うなど本人なりに努力しているようです。
また、逆に50代なのにフサフサな人も周りにおり、薄くなる気配がありません。
私はその人を見て羨ましいと思うわけですが、ただ羨ましがっていても仕方がないので、私も可能な限り育毛で対抗しているのです。
もっと進行してきたらクリニックのお世話になるかもしれません。

Comments are closed.